新着情報
blog

2019年度宮水blog

平成31年度入学式における「校長式辞」

 本校の大漁桜も間もなく満開を迎えようとし,平成最後の四季である春の訪れを感じさせてくれる,この良き日に,PTA,後援会,同窓会をはじめ,本校の教育活動にご協力をいただいている多くの御来賓の方々のご御臨席のもと,平成31年度,宮城県水産高等学校の入学式を挙行できますことは,教職員一同,この上ない喜びであります。

 ただいま入学を許可しました,海洋総合科127名,専攻科海洋技術科航海コース4名,同じく機関コース4名の新入生の皆さん,入学おめでとう。教職員及び在校生一同,皆さんの入学を心より歓迎いたします。

 本科に入学される保護者の方々におかれましては,真新しい制服を身にまとった,お子様の晴れ姿を目の当たりされ,感慨もまた一入のことと存じます。改めまして心からお祝い申し上げます。おめでとうございます。

 さて,本校は明治29年に,牡鹿郡簡易水産学校として設立許可をいただいき,翌30年の開設以来,宮城県水産学校など改称を経て,現在の宮城県水産高等学校となりました。開校以来,地元石巻,宮城県はもとより,日本の水産・海運産業を支える有能な人材を世に送り続けている,今年度123年目を迎える,歴史と伝統を誇る学校であります。また,平成26年度の学科改編で,「採る・運ぶ」「育てる」「加工する」といった従来の水産教育に,「食・資源・環境」を総合的に捉えるとともに「調理」を加えた,新たな水産教育を展開する,次代の水産教育を目指す学校でもあります。

 昨年11月には新校舎の竣工と120年周年の記念講演を実施するなど,まさに伝統と未来を融合した,県内の水産教育の拠点校であります。

 本校では,「誇りある水産・海洋のスペシャリストの育成」「人間性豊かな職業人の育成」「将来の地域産業を担う人材の育成」を教育目標とし,他校で見ることのできない様々な施設・設備を用いた,多くの実習を通して,水産・海洋の専門的な知識と技術を身に付けることができます。さらに,漁船,商船,小型船舶といった船の資格や潜水士,調理師など多くの資格取得も可能であります。新入生の皆さんは,今日から3年間,専攻科の皆さんは2年間,将来の目標を定めて,卒業後の進路実現に向け,そうした資格取得等に挑戦してくれることを期待しております。

 さて,本日入学を迎えた皆さんは,この後4月1日に発表された新しい「令和」という元号とともに新たな一歩を踏み出すわけですが,皆さんはどんな高校生活を思い描いているのでしょうか。

 今日からの高校生活では,将来の自分を見据えるとともに,新たな元号となる節目の年の入学生であることも意識して過ごしていってくれることを期待しています。

「万葉集」を出典とする,新元号である「令和」ですが,「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ。梅の花のように,日本人が明日への希望を花咲かせる国でありますように」という願いが込められたものであるとされております。

 この「令和」ということを高校生活に置き換えて考えてみると,前段は,環境の違う中で育ってきた同級生や先輩方と,実習などの授業や部活動,学校行事などを共に行う中で,理解し合い,認め合い,新しい宮城県水産高校の文化,歴史を築き上げていこうということだと思います。また,後段では、梅の花が美しく咲くためには厳しい冬の寒さが必要だといわれていますが,皆さんもこれからの水産高校での生活において,失敗や困難を恐れることなく,高い目標を定めて努力を続けることで,将来が花開くよう成長していってほしいということではないでしょうか。節目であるこの年に入学される皆さんには,そのような思いで高校生活を送っていってくれることを大いに期待しております。

 保護者のみなさま,本日よりお子様を,本校でお預かりすることとなりました。この宮城県水産高等学校で大きく成長し,卒業,修了時にはそれぞれの希望の進路へと進んでいただけるよう、教職員一同最善を尽くす所存でございます。とはいえ,高校時代は,多感な時期でもございます。また,高校生を取り巻く社会の変化の激しい時代となっており,学校だけでは対応できない部分が多々あるのも現実であります。保護者のみなさまにおかれましても,学校との連携を密にお願いし,あたたかく,時には毅然とした態度で見守っていただき,ともにお子様の成長をサポートしていただきますようお願いいたします。本校へのご協力とご理解を賜りますよう,お願い申し上げます。

 結びに,御多用の中,御臨席を賜りました御来賓の方々,並びに保護者のみなさまに重ねて感謝を申し上げ,式辞といたします。

 

  平成31年4月8日   宮城県水産高等学校 校長 瀧田雅樹

 

 

ブログ

2018年度宮水blog

平成30年度卒業・修了証書授与式における「校長式辞」

 先月末より,ようやく春のあたたかな日差しが差し込め,梅の開花が東北にも訪れる時期となりました。

 本日ここに,平成30年度宮城県水産高等学校第70回卒業証書授与式・第60回修了証書授与式を挙行いたしましたところ,日頃より本校の教育活動にご支援,ご協力をいただいております,PTA,後援会,同窓会をはじめ,各所より多くのご来賓の方々にご臨席を賜り,誠にありがとうございます。

 東日本大震災から間もなく八年を迎えようとしていますが,本校では今年度,老朽化と震災の影響を受けた旧校舎から,待望久しい現在の校舎への移転を行い,昨年11月にはその落成記念式典と2年遅れの120周年記念講演を多くの方々のご協力を賜り挙行させていただきました。その新しい校舎から,本日,本科卒業生,専攻科修了生を送り出すことができましたこと,改めて皆様に感謝申し上げます。

 

 ただいま,呼名を受け,クラスの代表を通じ,卒業証書を授与した本科105名の卒業生の皆さん,同じく,修了証書を授与した専攻科6名の修了生の皆さん,卒業並びに修了おめでとうございます。

 今日,この日の主役である皆さんが,めでたく卒業,修了を迎えることができたのは,もちろん,一人ひとりの努力の賜ではありますが,同時に昼夜を問わず,暖かい愛情を持って支えて下さったご家族や,励まし,指導し続けて下さった先生方,そして,学び合い,競い合い,共に過ごした友人がいたからということを,忘れないでいて下さい。

 また,専門高校である本校に対し,実習の機会や物心ともにご支援をいただいた多くの地域の方々,企業の方々への感謝の気持ちも忘れないでいて下さい。本日,壇上の彩りを添えて頂いている,花々は,震災直後よりお世話になり,食を通じて交流を図っております,「石巻北高等学校」の方々より,皆さんの卒業,修了の門出を祝ってお送りいただいたものであります。

 

 卒業生,修了生の保護者の皆様,本当におめでとうございます。卒業,修了を迎えたお子様の姿に感慨も一入のことと思います。

 まだまだ幼さの残る,中学を卒業して間もない三年前あるいは五年前の入学当時の生徒の皆さんが,高等学校で学ぶべき学習に加え,本校の特色である類型ごとの専門教育の学習や部活動などの生徒会活動を通じて,成長され,大人の風貌を覗かせてくれるようになった姿に,保護者の皆様とともに,教職員一同,彼ら,彼女らの成長をうれしく感じているところであります。

 保護者の皆様におかれましては,在学中,様々な思いはお有りになったこととは存じますが,大事なお子様をお預かりさせて頂き,成長をする姿を間近に拝見させていただきながら,その使命を多少なりとも果たすことができたのではないかとホッとしているところであります。

 保護者の皆様,改めまして心からお祝い申し上げます。おめでとうございます。

 

 さて,卒業生,修了生の皆さん,皆さんの本校で過ごした三年間あるいは五年間は,今の皆さんにどんな影響を与えたでしょうか。親元を離れての宮城丸での乗船実習,沖縄でのダイビング実習,石巻専修大学や石巻北高校とのこめぼこ連携実習,夕凪ダイニングにおける実践的調理実習など,あのときの苦労や達成感が,今,皆さんの頭をよぎっているのではないでしょうか。

 

 「学問なき経験は,経験なき学問に勝る。」イギリスのことわざです。

 経験することでわかることが沢山ある。学ぶだけではなく実践することが大事であるということを伝えてくれています。

 皆さんは,この学校で行った数々の実習により,机の上で活字を追うだけでは学び得ない、多くのことを経験を通して身に付けることができたのではないでしょうか。そのことは,皆さんにとって卒業後の新たなステージにおいてアドバンテージとなってくれることと信じています。

 そして,本校を卒業,修了する今日は,皆さんにとって,新たなステージを歩んでいくための始まりの日でもあることを忘れないでいて下さい。

 今までは,学校で定められたカリキュラムを元に学習や経験を行ってきた訳ですが,これからは一人一人が進むべき世界で「何を学ぶべきか,何を経験すべきか。」を,自ら考え、実践していかなければならないのです。みんなに支えられ,道路を歩んできた高校生活から,自らの考えで,まさに大海原へと飛び出して行く,卒業・修了を迎えた今日は,そういうことを決意しなければならない日であります。

 ただ,不安な思いや悩んでしまうことはありません。

 進むべき方向を見失ってしまったとき,今まで支えてくれた方々や経験から得たものが,皆さんの羅針盤となり手助けしてくれると思います。また,新しい環境で出会う人たちに対し,感謝を持って誠実に対応することができれば,その方々もまた,灯台のように道しるべとなって下さることでしょう。

 

 皆さんの成長を間近に見てきた者として,今日の日の感謝の思いと新たなスタートへの決意があれば,たとえ荒波に会おうとも,皆さんにとって素晴らしい未来が待っていると信じています。

 頑張って下さい。

 

 卒業生,修了生の皆さんの本校からの船出が,幸多からんことを心から祈念して「式辞」といたします。

 ボンボヤージ

 

 平成31年3月1日

 宮城県水産高等学校長  瀧田雅樹

 

増田先生のハワイ現地レポート!

 宮城丸第3次航海「乗船実習」中の増田先生からハワイの現地レポートが届きました。

 

 2月24日  

 宮城丸ホノルル入港,上陸初日は,有志の生徒をつれてアラモアナパークの海浜清掃,BBQも美味しい御馳走をいただきました。生徒は久々の陸での生活を満喫していました。

  

 2月25日   

 「ホノルル海さくら&水産高校」合同でのビーチクリーン

  

 2月26日 

 ホノルル研修,えひめ丸慰霊碑とパールハーバー,アリゾナとえひめ丸…日米の沈んだ船に黙祷をささげました。生徒にとっても海,船,戦争を考える機会になりました。

 

 

 ホノルル研修3日目の締めくくりは,現地FMラジオKZOOに出演。航海(乗船実習)について,ハワイの皆さんにしっかり伝えることができました。お疲れ様でした。

 なお,宮城丸はこの後,3月1日ハワイ・ホノルルを出航して,3月15日(金)気仙沼に入港し,3月16日(土)石巻に入港する予定です。

“こめぼこ”発売します!

 「こめぼこ商品化プロジェクト」と題して,本校が(株)髙橋徳治商店等と共に商品化に取り組み,楽天生命パーク宮城や石巻市民球場で販売してきた“こめぼこ”が,この度,生活協同組合あいコープみやぎ等でも販売することが決まりましたので報告いたします。

 販売する店舗については,以下のとおりです。

・生活協同組合あいコープみやぎ(宮城県仙台市中心)

・生協パルシステム(東京(個人宅配向け))

・生活クラブ連合会(東北は宮城以外~大阪まで(予定))

 

 なお,野球場では,冷たいままでの販売でしたが,温めるとよりおいしく召し上がれます。 

 お米の風味が感じられるおいしい蒲鉾ですので,是非お買い求めください。

 

 あいコープみやぎの「まんま通信」でも紹介されてます。

 https://www.mamma.coop/mammatusin/index.php?p=20190310

平成30年度「課題研究・総合実習成果発表会」を開催しました!

 2月14日(木),平成30年度「課題研究・総合実習成果発表会」を,本校の体育館で開催しました。

 発表会では,3年生が「課題研究・総合実習」において一年間の学習成果を,類型ごとに発表しました。

 各類型の代表班の発表内容は,以下のとおりです。

 ・調理類型「新 石巻名物料理を考える」

 ・航海技術類型「マグロのペーパークラフト及び原寸大マグロ模型(Ⅱ)の製作」

 ・機関工学類型「Farrari2の作成」

 ・生物環境類型「百万石のユメミタイ」

 ・フードビジネス類型「出前体験授業」

 今年度は,昨年度先輩から引き継いだ研究をさらに進化させた内容が多く,発表後には,本校の学校評議員の皆様から励ましの言葉や的確な指摘をいただきました。次年度もこれらの研究をさらに継続していくことを期待します。

 

“石巻別街道”2019について

 2月10日(日),東北電力グリーンプラザ(アクアホール/仙台市)で開催された「“石巻別街道”の観光と地場産品 街道で結ぶうまいもの味めぐり2019」において,本校フードビジネス類型が製造した「さんま味付缶詰」と調理類型が調理した「海鮮炊き込みごはん(“金のいぶき”を使用)」を販売しました。

 当日は,販売前から多くのお客様による長蛇の列…「あっ」という間の完売でした。販売の前後には「米粉入りかまぼこ“こめぼこ”作り体験」を行い,こちらも大盛況でした。大変貴重な経験をさせていただいたことに感謝いたします。

平成30年度「高大産連携プロジェクト報告会」に参加しました!

 2月9日(土),本校フードビジネス類型3年生が,石巻専修大学で開催された「平成30年度高大産連携プロジェクト報告会」で,「こめぼこ商品化プロジェクト」の今年度の活動を報告しました。昨年度は,石巻北高校,石巻専修大学,(株)阿部蒲鉾店,(株)楽天野球団と共に,商品化に取り組んだこのプロジェクトですが,今年度は,阿部蒲鉾店に代わり地元企業である(株)髙橋徳治商店と商品化に取り組みました。今回開発した商品は,あいコープ宮城(宮城県)のほか生活クラブ連合会(宮城県以外の東北から大阪)や生協パルシステム(東京・個人宅配向け)で販売する予定です(各団体とも敬称略)。

 関係の皆様には,本年度も大変有意義な活動の機会を与えていただき感謝申し上げます。

今年度17回目の「出前授業」開催!

 1月22日(火),矢本中央幼稚園の園児が来校し,工場見学と思い出缶詰づくりを行いました。

 園児の皆さんは,マグロの油漬け缶詰が出来るまでをビデオを見ながら勉強した後に,本校の食品工場を見学して,家庭用の調理器具と工場で使用している大型の調理器具を見比べたり,-35℃の冷凍庫の中で宮城丸で漁獲した魚を見学したりしました。

 また,缶詰の歴史や長期保存可能な理由を学んだ後で,思い出の品物や手紙等を入れた「思い出缶詰」を製作しました。

 今年度,フードビジネス類型では,今回の実習をはじめ「こめぼこ体験実習」や工場見学等の出前授業を計17回実施しました。

「こめぼこ実習」…石巻北高校と共同開催

 去る1月24日(木),本校のフードビジネス類型3年生と石巻北高校の食農系列3年生が,米粉を練り込んだかまぼこ,通称「こめぼこ」を製造する実習を行いました。

 今回使用した米粉は,北高の交流田で今年度,両校生徒が田植えから稲刈りまでを手掛けた米(ひとめぼれ)を使っています。

 実習当日は,出来上がった「こめぼこ」と一緒に,本校の調理類型3年生が作った炊き込み御飯とつみれ汁を味わいました。

 両校は,「水産と農業」という学ぶ分野が異なる学校ですが,同じ食について学んでいる生徒がそれぞれの専門分野について教え合い,学び合うことができるこうした合同実習を今後も継続していく予定です。

 

平成30年度「宮城丸第3次航海へいざ出港!」

 平成31年1月18日(金),海洋総合実習船「宮城丸」が,海洋総合科機関工学類型2年生(16名),本校専攻科航海コース及び機関コース1年生(計5名),気仙沼向洋高校専攻科生1年生(3名)の計24名を乗せ,石巻新漁港より実習海域のハワイ島南西沖へ向け出航しました。

 1月27日(金)からマグロ延縄漁業実習を操業させ,3月1日(金)にはホノルル入港します。

 約2か月の乗船実習を終えて,石巻へ帰港するのは,3月16日(土)の予定です。

 

(乗船式及び出港の様子)